So-net無料ブログ作成
検索選択

生活保護による格差社会?

 生活保護による生活  私にとって 夢の生活のようです。

だって 月17万円(東京)ももらえるんですから。   ちなみに 私の収入は 15万円(フルタイムで働いて)。


 厚生年金健康保険、介護保険料で月4万円払うと 残り11万円。

それに比べて 生活保護者には 病気になり病院にいっても 医療費は交通費を含め すべてタダ!

家賃もタダ!

 健康保険料を払っているものは 自己負担3割かかるので なかなか 病院に行く勇気がわきません。

住む家も 賃貸料を考慮すると がまん、がまんの生活です。

それに比べ

  若い年齢の時 年金も税金も払わず 遊びほうけていても、刑事事件を起こして判決をうけても  自己申告で体が調子悪くて働けませんと 言えば 保護が受けられる。

  この国は こつこつとまじめに働く人は 早死にを!   生活保護の人には 長生きを!

この方針でいっているみたいですね。 


 いつのころから こんな国になったんでしょうね! 
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

高橋

働いて手にしたお給料から、各種の公的な費用を支払うと生活保護基準を下回るなら、生活保護制度の対象になります。差額の分を支給されることになるんです。自家用車は原則、もてませんし、細かな事情は分かりませんが、お困りなら福祉事務所に行かれてはどうでしょうか?

by 高橋 (2012-02-25 12:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。